2016年08月20日

源氏名とエロゲ

声優の方は成人向け作品で名前を使い分けていますよね。いわゆる源氏名というやつです。

今回はその"源氏名"について語らせていただきます


そもそもなぜ源氏名を使うのかというと、声優の場合は「事務所の意向」です。
声優とはいえど有名人ですから、名が知れてる以上成人作品に関わることでイメージが崩れて
しまうかもしれないのでその予防措置で名前を変えているのです。

昨年でしたか、成人向けゲームの出演声優の一般名義をわざわざ丁寧に解説している店が問題になりました。

これは源氏名の意義をわかっていない人の代表ですね。
気になる声優をネットで調べて「この人がこの源氏名なんだ」と自己の中で収めておけばいいのに、
それを当人が出演している作品に記して世間の人に知らせるのは余計なお世話というやつです。

なぜ成人向け作品が一般でタブーになっているのかを考えると、「成人したか、してないか」ぐらいしか説明できない人
が増えてきているのも事実ですね...

スマートフォンのアプリの広告にいかがわしい内容のものが出てくることがよくありますが、あれも同じですね。
アプリ製作者や成人向け作品を販促する店が、誰が利用するのかを考えていない。



かくいう私はこの問題のせいで過去の貴重な思春期を穢されたんです。
多感な時期である小学・中学時代は田舎に住んでいたのですが、一般コーナーの中に普通に成人向け作品が置いてあり、
知らず知らず購入していました。そのおかげで保健体育の成績だけは学年トップでしたけど...
しかも内容はよく覚えていないのですが、最初に見たのが凌辱系の作品だったので性癖が歪みましたね。10歳前後でそれ
はさすがにまずいですよね。今になって改めてそう思います。



というように、成人向け作品に関してはもっと慎重になるべきなんです。
今回も、たかが源氏名ぐらいでって思うかもしれませんが、大々的に「この人がこの源氏名だ」とTwitterなどでつぶやく
人もいるのでかなり深刻な状況だと思います。
あと声優の動画のコメント欄で「この人某エロゲの〇〇役の人?」と純粋に書いている人をよく見かけます。おいおい...

ネットにはネチケットというものがあるので、せめて成人した人は守ってください。
「精神年齢が未成年のままで成人した人」が成人向け作品をやるっていうのは...なかなかに皮肉ですね
posted by ShinGR at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

司法試験受験生はNSCに通っているようなものだ

やたらめたらと進路に悩んでます。進路というか人生の岐路。
司法試験に受かりたいなと思って法学を専攻していますが、これかなり冒険だと思います。

長年かけて受かったとして就職先が見つかるわけでもなく、給料が良いわけではない。
というか金稼ぐだけだったら会社立ち上げるほうが早いんですよ。

私は半ば自営業みたいな感じで働いていますが、弁護士や検察官と給料はたいして変わらない。
頑張ったら頑張っただけ給料が増えるのはどちらも一緒だからね。
そろそろ現実見なきゃって思うんだけど、それは人としてどうかと思うんです。



大学生、大学院生や予備校生で法曹を目指す方は数多くいらっしゃいますが、
人にもよるけど、芸人になるのと同じくらいリスクが高いです。

芸人もNSCに通って売れるのはほんの一握りの人だけで、ほとんどはバイトで生計を立てています。
夢をあきらめて違う道に進む方は賢明なんですが、夢を捨てきれない人もいるんですよね。私もそうです


夢を追う者は、
「やっぱり私あれがしたい!」という気持ちがあるから引くに引けないんです。一度きりの人生なんだから、
妥協する必要なんてない。親の脛をかじりながらでも構わない、いつか成し遂げてこそ意味があるのです。


スポーツでも何でも、夢をあきらめた人って目が死んでいますが、
夢を叶えた人・夢を叶えようとする人は目が炯々としています。

特に男性の方で、夢をあきらめてしまった方は中途半端ってレッテルが貼られているような気がします。
そして女性も、夢を追う男性を素敵だなって思う方が多いのではないでしょうか。


夢、夢と偉そうに語ってしまいましたが、今回私が言いたかったことは、
「10代、20代の方はまだまだあきらめる時期ではない」ということなんです。自由をもとめて飛び出しましょう




そういえばもう6月ですか。 え、昨日4月じゃなかったか?って感じだ

久々にツイッター見たらアカウント乗っ取られててびっくりしました。
パスワードを変えたので今のところ大丈夫なのですが怖いですね...

ていうかなぜこんな人気のないアカウントを乗っ取ろうと思ったんだろう。
フォロワーも少ないし発言力はほぼ皆無なのにねぇ
posted by ShinGR at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

SSPの導入を考える

今まで成果報酬型広告やクリック型広告をメインにやってきましたが、インプレッション型広告を
メインにすることにしました。

このサイトはただの雑記置き場みたいなものなので特にアフィリエイトにこだわりませんが、自分
の管轄している企業のサイトはさすがにこだわっていくべきだと思う。

私の運営しているサイトの中には何故か1日に何万PVとかいっているサイトがあるので、広告を付
けたらかなり儲かるんじゃないかな... ていうかなぜ今まで気づかなかったのだろうか。


とういうわけで、早速審査してみた

結果を報告すると、Googleアドセンスやその他のクリック単価が高いものは全て不承認となりました。
このブログも過去に何度も不承認されているので落ち込むことはありませんでしたが、やはり悔しい。

そこでSSPの登場です。CPM(Cost per Mille)を重視してみると、やはり大手DSPと提携しているSSP
が存在感強い。


SSP・・・最も高い単価の広告を表示設定してくれるシステム。中継者みたいなもの
CPM・・・1インプレッション(PV)の単価。1000回表示されて何円になるかを千分率で表す

ほかにもRTB・DSPという用語がありますが、気になったら調べてください。


ところで、インプレッション型広告といえば忍者AdMaxが有名ですが、私はおすすめしません。
あくまでもPV数=収益という計算で儲けたいならインプレッション型広告限定にすべきなんです。



今回はSSPを導入してみただけなので特にこれ以上語ることはありません。
例のごとく、アフィリエイト専用のサイトを開設するのでそこで永遠と語ります。今日はもう寝ます

posted by ShinGR at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月05日

実際やってみると批判ができないことってあるよね

どうも、いつものShinGRです。

今日のテーマは結論から言うと、

「実際やってみると批判ができないことってあるよね」ってことなんです。

例えばスポーツで、野球やサッカーの掲示板って今多いじゃないですか。なんJとか。
それを見ていると、「あぁ、実際にそのスポーツをしたことがないから批判するんだな」と度々
思うことがあります。

私は格闘技が大好きで、経験者なのですが、プロに対して「批判」をするなんてありえないです。
格闘技はあまり流行ってないからピンと来ないかもしれないけど、野球やサッカーのチームも同
じく、いくら負けが続いたり試合の結果がひどくても、プロには変わりありません。
それを私たち素人が「弱い」などという言葉で批判をするのは間違っているはずです。


音楽もゲームのシナリオも全て同じく、素人が口を出すのは誤りであって決して許される行為で
はないんです。

今、この文章を書きながら私の心は激しく痛んでおります。
そう、実はこの記事は私に向けた反省文なのです。

スポーツ選手が負けていても「弱い」と口にしてはいけないし、
ゲームのシナリオがいくらひどくても、それを無責任に「下手」って言えないし、
あまり良くないと思った曲を「悪い」とは思ってはいけない。


なぜなら、
私が実際にスポーツ(格闘技)をした結果、プロどころか地方予選にも勝ち登れず、
私が実際にシナリオを書いた結果、酷いシナリオが出来上がり、
私が実際に曲を作った結果、騒音とノイズの結晶になったからです。



だから批判をするっていうことは、
無意識に自分の首を絞めている
ことなんだと実際にやってみてわかったんです。



はぁ...やっぱプロってすごいねぇ〜
どうでもいいような曲なのに音楽理論で武装されていたりするんだもん、そりゃ敵わんわ


posted by ShinGR at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 反省日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
↑このページの先頭へ