多趣味・哲学のサロン > クラウドファンディングを知らない人へ

2014年12月25日

クラウドファンディングを知らない人へ

「知らない人へ」、なんて知ったようなこと言ってますが私もつい最近知りました。



同じ感想ブログをしている荻原さん」のブログで「クラウドファンディング」を知ったんですが、



私も個人的にググって調べてきました。


そもそもクラウドファンディングって何なのか?

簡単に言えば募金と投資を併せた行為の事です

募金と違って目標金額があるので自分があげたお金が目に見えて分かるわけです。

仕組みは何種類もある


        クラウドファンディングの仕組みのイメージ

何かしらその企業に寄付(貢献)をすることで、新商品の開発などに繋がるのです。

場合によれば、その報酬の売上金の何%が手元に帰ってくるんです。又は限定グッズとか


基本募金みたいなものなので、気持ちを出資額に乗せるわけです。結構理にかなったサイクルだと思う。うん





ゲーム会社のクラウドファンディング


ギャルゲなどの海外進出のために「クラウドファンディング」が利用されているそうです。

img_1

例えば、グリザイアシリーズで有名なフロントウィングは英語版作成のために「クラウドファンディング」を実行。

投資を募った結果、一日かからずで21万ドル(2000万円ほど)になりました。



KeyだとClANNADも英語翻訳のために同じようなことをしています



グリザイアの方は声優もオリジナルの人を使うからテキスト&声を作り変えるわけか

グリザイアシーリーズ3部作だとテキスト量もかなり多いからね・・・



ギャルゲーのクラウドファンディングとかだと、出資額に応じてサイン色紙や豪華グッズが貰える

完成していないゲームの投資をして、完成したら作品を手に入れるって方法はもう予約みたいなものだね


ks_lifecycle01.gif





〜私の感想〜






実は、私は海外の有志が作った英語翻訳パッチというのを試してみましたことがあるんです


とあるギャルゲ作品を日本語声・英語字幕でプレイしてみましたが普通に読めました。


そのテキストを翻訳したのは同人サークルなのか個人なのかは分かりませんが、
英語にも日本語にも精通していることは確かでした。難しい表現・固有名詞を日本の単語だという強調もされていた



私が言いたいのは、翻訳ぐらいならあまり金はかからないということです。

ある作品では4ヶ国語をファンの方が勝手に翻訳しています。テキストのチェックをネイティブの人が確認する
試し読みもあまり労力を使わないと思う。






名のある翻訳家や、ボイス総入れ替えのための声優を雇うなら話は分かりますが英語翻訳だけでそんなに金とるか?
グッズや特典を踏まえても何千万という目標になる内訳が不思議です。

もしかしたら「クラウドファンディング」ってその達成目標の金額援助じゃなくて企業に貢ぐことなのかもしれない


人によっては配当・リターンを狙って投資する人もいるようだが、

大体は目標達成金額を超えてからの金額を配分するわけでしょ?
その場合達成金額が高いほど無駄な費用が見えてきます。






私には珍しく少し批判気味に書きましたが、制作内訳が見れないと出資するのも躊躇うよ普通。

そういう私情抜きで善意だけで応援したいって気持ちも大事にしたいです
posted by ShinGR at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411217437
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
↑このページの先頭へ