多趣味・哲学のサロン > グリザイアの果実 感想

2015年03月01日

グリザイアの果実 感想

 <div></div>  グリザイアの果実【萌えゲーアワード2011 大賞 金賞受賞】   グリザイアの果実



  ストーリー       ★★★★★

  キャラ       ★★★★

   絵・表現         ★★★★★    

・個別ルートに入った後から緊張感が急激に増していくシナリオが特徴です。ヒロイン毎の設定や回想を含めて全員
を攻略するまで飽きない濃密な内容。
・主人公が落ち着いていて感情をあまり表にださないのでオーバーリアクションが苦手な人は楽にプレイできる。
・キャラの立ち絵が多いのが◎ CGは些細な点にも配慮が感じられる




< ストーリーの概要 >
 主人公に関係の深い"軍事"が物語に大きく絡んでくる。主人公がただのミリタリーオタクなのではなく、
そういう機関に所属している軍人なのである。
主人公とヒロイン達が通う"学園"というものは特殊な学園で、生徒は6人だけの檻みたいなもの。

ヒロイン達は過去に特殊な環境や境遇にいたことでなるべくしてその学園に通うことに・・・


< 作中の描写・表現方法 > 
 
 既にプレイした方は気づいただろうか、この「海近くの崖の画像」の海がプレイ中に動いていることに。
"動く背景"というのは意識しないと気づかないかもしれないが、目を凝らしてみると気づく点は他にも多々あった




< シナリオの感想 > (この記事のメイン)
 私の中で特に印象に残っているシナリオが「交通事故後の遭難シナリオ」だ。
食人描写や人間の本能的な行動の描写が妙にリアルで、目を逸らしたくなるようなシナリオだったが絶対に見た方がいい。
食糧がほとんど無い、しかも山奥に遭難しているという状況は普段遭遇することがないので現実味がないと思うかもしれない

失礼なのは承知で尋ねますが、この作品をプレイできる余裕を持つ人が極限の空腹を経験したことがあるだろうか?

  過去に私はダイエットという自分の甘さを罰する行為を2週間行いました。内容は1日300カロリー制限です。
当時の私はそれを耐え抜いたが、あまり空腹に苦しまなかった。
カロリーの少ない野菜は沢山食べられたし、5日目ぐらいからは謎の腹が減らないという境地に至ったせいなのか最後の日まで
そんなに空腹は感じなかった。後半からは栄養のために無理やり野菜を食べた。

 ダイエット期間中に特に気になったのは自分の感情のコントロールができなくなったことだ。腹が減ってイライラするのもあった
し、普段温厚な私が常にキレていた。
例えば街中で当たり前のように飯を食べている人を見かけては憎しみのような感情を抱いていた。まぁただの八つ当たりなんだけど。
太っている人の余裕さとか色んな事に腹が立ちました。ダイエットするまでの自分とかね...
ただでさえ基本代謝で1000カロリーほど消費するのになんて無謀なことをしていたんだろう
水も制限していたし、ランニングをしていたので身体が限界状態でした。あれ以上無理してたら倒れていたと思う。

 話がずれましたが、私が2週間頑張れたのは偏にその先に食糧が待っていたから。
私の場合、ダイエット後は普通に食事できるんだという期待があるから努力ができたわけで、遭難して助かるかもわからない状況じゃ
狂ってもおかしくないと思う。

ラベル:エロゲ
posted by ShinGR at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
↑このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。