多趣味・哲学のサロン > 真夏の夜の雪物語 -MIDSUMMER SNOW NIGHT- 感想

2015年03月18日

真夏の夜の雪物語 -MIDSUMMER SNOW NIGHT- 感想


        真夏の夜の雪物語-MIDSUMMER SNOW NIGHT-



「真夏の夜の雪物語-MIDSUMMER SNOW NIGHT-」好評発売中/原画:みけおう/シナリオ:サイトウケンジ・深山ユーキ/サウンド:羽鳥風画|EX-ONE


ブランドEX-ONEの第1作目ということもあり細かな演出やCGに注意して
プレイしていましたが、可能性を感じた



  ストーリー       ★★★

  キャラ       ★★★★

    演出        ★★★★


こんな方におすすめ・冬が好きな人

この作品の特徴はほぼ演出にあります。
プレイ後にシナリオを思い出してみるとあまり面白いと思ったシナリオは無かったが、
プレイ中はなぜか作品に引き込まれていた。

< ストーリー >
"雪女"と縁がある主人公がその雪女の伝説にまつわる町に帰省して、
リスクを伴いながら町に隠された秘密を解いていく。
夏なのに雪が積もっていたり刻が止まったりと不思議な現象が起こる・・・



< 雰囲気 >
タイトル通り"雪"が町に積もっているのでCGも冬仕様です。
私は冬もとい雪を好んでいるので雰囲気が気に入った。雪が積もった浜辺や温泉のCGが良い。

 

そうです、冬というだけで評価が底上げなんです。個人的でごめんなさいね?

< 演出 >

1.BGM
透明感のあるBGMがよく流れます。主にピアノがメインです

2.選択肢


ヒロインの隠された秘密を暴くためにヒロインの心にある結晶を壊すか壊さないかという選択肢があり、
緊張感漂う選択に迫られます。


知らなくても良いことはあるが知らないままで過ごしていいのだろうか?そんな選択肢です
人生の岐路でもある選択の重大さを痛感させられる

3.雪のアニメーション
↑の画像は校内に雪が降り出すというミステリアスなシーン


< まとめ >
選択肢の表現が他の作品とは一線を画している。プレイすれば分かってくるが、この作品のシナリオは結構重い。
ヒロインの秘密を知ったことで矛盾している世界を紡いでいた糸がほつれてしまいます。
ヒロインがんだ矛盾した世界を壊してしまってもいいのかという躊躇が私にはとても大きかった。

タグ:エロゲ
posted by ShinGR at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415834435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
↑このページの先頭へ