多趣味・哲学のサロン > 秋葉原に初めて行ってきました

2015年04月02日

秋葉原に初めて行ってきました


「STEINS;GATE」の聖地として有名な秋葉原、私の中ではオタクの町というイメージが強いです。
ですが駅を降りてみるとサラリーマンが結構いて意外でした。

駅周辺を歩いていてまず目を引かれたものが『月に寄りそう乙女の作法2』の広告。
田舎出身の私からするとビルがこんなにも立ち並んでいることにまず驚きましたが、エロゲの広告が堂々と
公衆の面前に晒されていることが信じられません。
最初は自分の目を疑いました。ビルの広告を見て「えっ!?」って目をパチクリさせてたのは多分あの場で
私1人だったと思うw

人前でこの広告撮るのすごく恥ずかしかった...本当はカメラをもっと上に向けて『つり乙2』の広告をメインに
したかったんですが、私が急にカメラを上げて撮影すると通行人が「何だ何だ?」って感じに同じ方向に目線を
やってしまい、結果私が変な人みたいな空気になってしまう...(既に挙動不審な人です)
私は画像奥手の人のようにギャルゲ広告をガン見する勇気もなく"待ち合わせをしている感”を出してさりげなく
撮影することに成功しましたw・・・ぼっちですけどね

そもそもエロゲ広告ってあんな堂々と貼っていいのか?私としては別に問題ないんだけど、こういうブログやってる
こともあって何故か私が広告貼ってる気がして落ち着かない。
よく考えたらパチンコも18歳未満禁止なのに街中で宣伝してるし、あれと似たようなものか。
てことは秋葉原で育つ子供はいつの間にかエロゲと出会っているんですね〜。 将来が心配だな
posted by ShinGR at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 作品レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
↑このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。