多趣味・哲学のサロン > 日本と世界中の掲示板の印象

2016年01月23日

日本と世界中の掲示板の印象

中国は人口が多いのでゲームやアニメのコミュニティが多く、暇なときに色んな掲示板
をチェックしているのですが、日本よりも優しいコメントが見られる気がします。

単に私が汚い言葉や罵る言葉を知らないっていうだけかもしれませんが、疑問の回答を
懇切丁寧に返してくれます。掲示板の人口が多くてもあまり荒れないから良い。


日本、中国に限らず、全世界共通の掲示板は英語が標準語なものが多いです。

そういえば1週間前に見たスペインの掲示板は仲良くて微笑ましかった。その掲示板は
スペイン語が標準語だったのでコメントを読むのがつらかったけどね...


残念なことに、日本の掲示板は外国人がカタコトで介入してくると、馬鹿にする人が
多いんですよ。というか皆心のどこかで外国人を差別しています。

日本人が海外の掲示板にカタコトの英語で介入すると、大体の人は英語の間違いを指摘
して歓迎してくれると思います。


日本はモノリンガル(1つの言語を話す人)がほとんどなので海外の掲示板なんて意識高い
と思うかもしれませんが、逆に地球全体から見れば言語を2つ3つ話せる方が普通なのです。
中国人は3言語話せる人がとても多いです。

私の知り合いの中国人は4言語使いで、慣れない日本語で会話してくれます。私は英語も
中国語もへたくそなので、とても悔しい。

今年の目標は英語とドイツ語と中国語を話せるようになることに決めました。
字を書いたり単語を覚えることも大事なんだけど、現地の方とお話しすることでその言語が
身につくと思う。





ていうかそろそろブログの記事のジャンルが安定しなさ過ぎて崩壊寸前です...
音楽、ゲーム、言語学、哲学、とかジャンルごとに日記書くのもめんどくさいんだよ...
それも今年中になんとかするか


posted by ShinGR at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/432889152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
↑このページの先頭へ