多趣味・哲学のサロン > 司法試験受験生はNSCに通っているようなものだ

2016年06月15日

司法試験受験生はNSCに通っているようなものだ

やたらめたらと進路に悩んでます。進路というか人生の岐路。
司法試験に受かりたいなと思って法学を専攻していますが、これかなり冒険だと思います。

長年かけて受かったとして就職先が見つかるわけでもなく、給料が良いわけではない。
というか金稼ぐだけだったら会社立ち上げるほうが早いんですよ。

私は半ば自営業みたいな感じで働いていますが、弁護士や検察官と給料はたいして変わらない。
頑張ったら頑張っただけ給料が増えるのはどちらも一緒だからね。
そろそろ現実見なきゃって思うんだけど、それは人としてどうかと思うんです。



大学生、大学院生や予備校生で法曹を目指す方は数多くいらっしゃいますが、
人にもよるけど、芸人になるのと同じくらいリスクが高いです。

芸人もNSCに通って売れるのはほんの一握りの人だけで、ほとんどはバイトで生計を立てています。
夢をあきらめて違う道に進む方は賢明なんですが、夢を捨てきれない人もいるんですよね。私もそうです


夢を追う者は、
「やっぱり私あれがしたい!」という気持ちがあるから引くに引けないんです。一度きりの人生なんだから、
妥協する必要なんてない。親の脛をかじりながらでも構わない、いつか成し遂げてこそ意味があるのです。


スポーツでも何でも、夢をあきらめた人って目が死んでいますが、
夢を叶えた人・夢を叶えようとする人は目が炯々としています。

特に男性の方で、夢をあきらめてしまった方は中途半端ってレッテルが貼られているような気がします。
そして女性も、夢を追う男性を素敵だなって思う方が多いのではないでしょうか。


夢、夢と偉そうに語ってしまいましたが、今回私が言いたかったことは、
「10代、20代の方はまだまだあきらめる時期ではない」ということなんです。自由をもとめて飛び出しましょう




そういえばもう6月ですか。 え、昨日4月じゃなかったか?って感じだ

久々にツイッター見たらアカウント乗っ取られててびっくりしました。
パスワードを変えたので今のところ大丈夫なのですが怖いですね...

ていうかなぜこんな人気のないアカウントを乗っ取ろうと思ったんだろう。
フォロワーも少ないし発言力はほぼ皆無なのにねぇ
posted by ShinGR at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
↑このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。