多趣味・哲学のサロン > 日記

2016年06月15日

司法試験受験生はNSCに通っているようなものだ

やたらめたらと進路に悩んでます。進路というか人生の岐路。
司法試験に受かりたいなと思って法学を専攻していますが、これかなり冒険だと思います。

長年かけて受かったとして就職先が見つかるわけでもなく、給料が良いわけではない。
というか金稼ぐだけだったら会社立ち上げるほうが早いんですよ。

私は半ば自営業みたいな感じで働いていますが、弁護士や検察官と給料はたいして変わらない。
頑張ったら頑張っただけ給料が増えるのはどちらも一緒だからね。
そろそろ現実見なきゃって思うんだけど、それは人としてどうかと思うんです。



大学生、大学院生や予備校生で法曹を目指す方は数多くいらっしゃいますが、
人にもよるけど、芸人になるのと同じくらいリスクが高いです。

芸人もNSCに通って売れるのはほんの一握りの人だけで、ほとんどはバイトで生計を立てています。
夢をあきらめて違う道に進む方は賢明なんですが、夢を捨てきれない人もいるんですよね。私もそうです


夢を追う者は、
「やっぱり私あれがしたい!」という気持ちがあるから引くに引けないんです。一度きりの人生なんだから、
妥協する必要なんてない。親の脛をかじりながらでも構わない、いつか成し遂げてこそ意味があるのです。


スポーツでも何でも、夢をあきらめた人って目が死んでいますが、
夢を叶えた人・夢を叶えようとする人は目が炯々としています。

特に男性の方で、夢をあきらめてしまった方は中途半端ってレッテルが貼られているような気がします。
そして女性も、夢を追う男性を素敵だなって思う方が多いのではないでしょうか。


夢、夢と偉そうに語ってしまいましたが、今回私が言いたかったことは、
「10代、20代の方はまだまだあきらめる時期ではない」ということなんです。自由をもとめて飛び出しましょう




そういえばもう6月ですか。 え、昨日4月じゃなかったか?って感じだ

久々にツイッター見たらアカウント乗っ取られててびっくりしました。
パスワードを変えたので今のところ大丈夫なのですが怖いですね...

ていうかなぜこんな人気のないアカウントを乗っ取ろうと思ったんだろう。
フォロワーも少ないし発言力はほぼ皆無なのにねぇ
posted by ShinGR at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月04日

アフィリエイトで確定申告

自営業の方や経理事務をやっている方にお馴染みの確定申告ですが、まさかアフィリエイト
で確定申告をする必要があるなんてね...
源泉徴収とかそちらの方面に疎かったので、今になって焦り始めています(汗

そろそろ副収入専用の口座を作ろうかなと思いますが、口座は作りすぎると後々怖い気がする。


これまでは市役所に行っても「お役所の人は私と違って真面目だな〜」なんて思っていたけど、
せめて所得税や財務、経理に関して知っておかないとこの先不安だ...




真面目な話で終わりますが、
定期的にニュースで所得を誤魔化した人が逮捕されるのを見かけます。
皆さんも役人に頼ってばかりいないで、自分の収入、そして経費について見直してください。
もしかしたら気づいていないだけで報告しないとやばい状況にいるかもしれません。



posted by ShinGR at 04:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

日本と世界中の掲示板の印象

中国は人口が多いのでゲームやアニメのコミュニティが多く、暇なときに色んな掲示板
をチェックしているのですが、日本よりも優しいコメントが見られる気がします。

単に私が汚い言葉や罵る言葉を知らないっていうだけかもしれませんが、疑問の回答を
懇切丁寧に返してくれます。掲示板の人口が多くてもあまり荒れないから良い。


日本、中国に限らず、全世界共通の掲示板は英語が標準語なものが多いです。

そういえば1週間前に見たスペインの掲示板は仲良くて微笑ましかった。その掲示板は
スペイン語が標準語だったのでコメントを読むのがつらかったけどね...


残念なことに、日本の掲示板は外国人がカタコトで介入してくると、馬鹿にする人が
多いんですよ。というか皆心のどこかで外国人を差別しています。

日本人が海外の掲示板にカタコトの英語で介入すると、大体の人は英語の間違いを指摘
して歓迎してくれると思います。


日本はモノリンガル(1つの言語を話す人)がほとんどなので海外の掲示板なんて意識高い
と思うかもしれませんが、逆に地球全体から見れば言語を2つ3つ話せる方が普通なのです。
中国人は3言語話せる人がとても多いです。

私の知り合いの中国人は4言語使いで、慣れない日本語で会話してくれます。私は英語も
中国語もへたくそなので、とても悔しい。

今年の目標は英語とドイツ語と中国語を話せるようになることに決めました。
字を書いたり単語を覚えることも大事なんだけど、現地の方とお話しすることでその言語が
身につくと思う。





ていうかそろそろブログの記事のジャンルが安定しなさ過ぎて崩壊寸前です...
音楽、ゲーム、言語学、哲学、とかジャンルごとに日記書くのもめんどくさいんだよ...
それも今年中になんとかするか


posted by ShinGR at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

パソコン4台目を買います

職業柄、Adobe AfterEffectsやCINEMA4Dなど高スペックを要求するソフトを使うので
そろそろPC4代目を買おうかと思います。

予算は多分20万ぐらいでハイエンドPCが買えるかな。勿論電気屋とかじゃないですよ、
自分でパーツを組み立てて作らないと、ぼったくり価格でチープなもの買わされるので...


現在のPCは30万ぐらいつぎ込んだので動画制作は十分にできるんですが、それプラス
音楽や3DCGクリエイトなんてしてると容量不足などという今度は別のところで問題が
生じてきました。



プロのエンジニアは複数のモニターを使ってなんぼという風潮がありますが、私的には
モニターよりPCの数を増やした方が作業効率が上がると思います。

マルチモニターはよほどの専門的なことをしていない限りあまり意味がない。

創作活動なんてスマホで十分だと考えている人は、

作業効率 = PCの性能

だと考えてしまいます。ですが、それは満足にPCが動くと仮定している点で誤りです。

After Effectsなど高スペックを要求するものはモニターの数を増やしまくってもPCが
処理自体できていないと話にならない。

VGA(グラフィックボード)は大事だけど、それよりメモリや電源ユニットなど基本
的な構造がしっかりしていないと駄目なんですよね。



デジタルイラスト(?)を始めようと思っているのでペンタブとか揃えたいな〜って、
調べてみたら、結構高いんだね...(1万〜10万)

じゃあイラストを専門にしたPCのモデルって何があるんだろうと調べてみると、単に
スペックが低いPCばかり紹介されていたのですが、それってつまりイラストはあまり
性能が良くないPCでも動きますよってことですよね。


Illustratorやphotoshopをサクサク使うとなればちょっとだけ必要な性能が高くなる
けど、フリーのお絵かきソフトを使うぐらいだったら廃棄処分にしたXPでも動きそうだ






posted by ShinGR at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

物語を創作しなくては...

いつもネットで、評価が高い作品やおすすめの作品が紹介されたりランキングに浮上していて
どうしても目につきますが、ほとんどの批評者はそれを作ろうとしません。


本当にシナリオはシナリオライターに任せるべきなんでしょうか。シナリオライターが忙しく
書き書きしている間に読むだけで頭を使っていないプレイヤーは何をしているんだろう。


学生時代にクラスでいつも小説を読んでいる人がいましたが、受け身なだけではいけない。
「自分は読書家だ」と自負していながらそのお得意の読み物を作れないっておかしいと思う。

スポーツに詳しいだけではスポーツができないのとは違う、本は身体を使わなくていいのだから。

しかもAmazon Kindleなどを利用すれば万人が著書を持つことができるので、できないとは言わせない。


そもそも、なぜこのようなことを書いているかというと、私が今創作活動をしているからです。
ノベルゲーをプレイしてばかりでは自分のためにはならないと第六感が疼くんだ。



シナリオを書くのは音楽に似ている。
色んな人の作品を自分なりに改変して新たな作品にできるので、クオリティが低くていいなら
即席で大量生産できる。書こうと思うと意外と簡単なんですよね






「皆シナリオを書くことがこわい」

小説家になりたいと口に出すことを躊躇ってしまうのはそれで食っていけるかとか好きな
作品を比べてしまうからです。

ネットで叩かれるのを覚悟できないのは、ただの意気地なしだ。

この作品が良い!悪い!とネットでズバッと自分が言っているから、もしくはそれを見て
その作品が自分だったらどうしようと怖気づいてしまうんだ。だが安心してほしい、良い
悪いを決められるのはその作者かその人物と同等の著者だけなのだから。





ネットなどただの譫言でしかないのに、その浅瀬でおぼれているなんて...




この文章の意味が分かったのであれば、その方の作品はきっと成功します











posted by ShinGR at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

日本人にネット弁慶が多い理由が分かったかもしれない

今までの人生で他人から面と向かって罵詈雑言を受けたことがありますか?

私はありません。悪口を言われたとしても陰口程度で直接言ってもらえません。
そこで、「私に悪いところがあれば言ってほしい」と頼んでも大抵は答えてくれない...

なぜ、悪口を言うにしても直接言ってもらえないのだろうか...と日ごろから不思議に思います。


なのに、スマホやパソコンを見ると罵詈雑言の嵐!なんでだぁ!?
先週好きな絵師の作品が大勢に叩かれていたのを見て、そう感じた。

でもネットで偉そうな態度取ってる人でも現実では何も言えないんですよね〜。
やはり世間の目が怖いのでしょうか?。ネットという匿名性を孕んだ媒体でしか自分を表せない、
そんな子供じみた人間が多い、今の日本。それが誠に残念だ。


私もゲームの批評みたいなことをして優劣を決めたりしていますが、やはり良い部分は褒めます。
ですがネット上の批判というのは良い部分、素敵な部分を全然触れません。もうぜんっぜん触れない。
いくら良い部分がたくさんあっても悪い部分を見つけたら、そこを指摘して騒ぎ立てます。


思うに、嫉妬なのではないだろうか

『日本人にネット弁慶が多い理由』 私の結論は、「嫉妬」です。
批判を喰らいやすい絵やゲーム、音楽、動画などクリエイティブなものは、猛烈な批判の対象となることを
皆さんよくご存じですよね。作品、つまり芸術性と個性を持ち合わせていないと作れないものです。それら
に批判の火が降り注ぐのは単に「羨ましい」「悔しい」という感情から来るはず。

よく考えると、現実で面と向かって相手に羨ましい!悔しい!って言えないんですよね。
この考えは我ながら実に的を射止めていると思います。

嫉妬の中で最も顕著に見られるものは子供の意地です。ネットが子供に浸透しているので、批判を行う子供
も自然と増える。だけど、子供に至っては嫉妬も覚えたてですから、自分を大きく見せるために大口叩いて
しまうのも仕方ないと思う。私にもそういう時期がありましたし。

でも子供って意外とそういうことを現実でも言えるんですよね。多くの子供はネット弁慶」とは違う気がします。





好きな絵師の話をしましたが、その方はプロなので叩かれたとしても賛美の声と比較すれば批判は10%ぐら
いの割合なので、その絵師は気に病んでないと思います。絵に関して素人の私から見ても息を呑むほどに
繊細で優美な作品だったのですが、人によって感性の違いもあるため批判もある程度大事なんですかね。
posted by ShinGR at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

Rewrite アニメ化おめでとう

先ほどKeyのホームページで知ったのですが、Rewriteがアニメ化ですね。



アニメ化できるのか・・・?と思っていたので、どうなるか不安です。

1期でまとめるのは難しいだろうし、リトバスのように2期、3期という風にやってしまうと
まとめるのが大変です。

オリジナルのゲームは、設定からキャラまで大好きなのでアニメも成功してほしい。
ファンディスクのRewrite Harvest festa!もアニメ化したりしてな...(予言

もしまだゲームやってないっていう人で、このアニメに興味を持ったならネタバレは見ない方が
いいです。楽しみが半減してしまうから


個人的に吉野がお気に入りです。吉野だけでOVA作っても...それはそれでいいんか?

ゲームの販促ではグッズが買えなかったので、アニメと同時にグッズが発売されるのも期待大。
ちびもすのぬいぐるみが欲しいです!! もしゅ!もしゅ! 
吉野の抱き枕・・・はいらないです。


ちなみにアニメ制作会社はANIPLEXらしい。

posted by ShinGR at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

マルチタスクで勉強効率をアゲアゲ↑に上げる

皆さんお元気でしょうか?私はあまり元気ではありません(笑)


<近況報告>
今年の目標でもあった国家試験も終えました。が、終わった後も体調を崩してばかりなので
遊ぶにも遊べないと言いますか... 美容院に行く時間もなく、髪を結って誤魔化していますw


毎日が、「日曜だと思って布団でヌクヌクしてて、時計見たらMON(月曜)だった!?」
みたいな気分です。私は冷え性なので小学生の頃とか冬期の学校の日の朝が地獄でしたね〜
逆に冬の朝の布団の中ってなんであんなに気持ちが良いんでしょうか?


<勉強の進捗>

そんなことはさておき、現在私は司法試験合格を目指して頑張っております。
身ばれが怖いのであまり言いたくありませんが医学の論文を国際誌に応募しようか悩
んでいるのですが論文のジャンルって応募後も自分で決められないんですよね...


堅苦しい話かもしれませんが、「医学」にジャンル分けされると、いかにもって感じがする
けどそれが薬学とか人間社会学なんかに選定されるとなんかあれれ...と、まぁ捉え方は人そ
れぞれなんですけどね。

さらに、準マルチリンガルとして多言語学習にも励んでおります。フランス語の単語の綴り
が憶えられなくて涙目です(ノД`)・゜・。それにくらべてドイツ語の単語はなんと憶えやす
いんだ!このまま継続すれば再来年にはドイツ語がある程度読み書きできるようになってい
るはずなので、向こうの法学・医学の論文が早く読みたいです(´・ω・`)



<今回のテーマ 「マルチタスク」>

皮肉ではありませんが、学生や社会人の皆さんが1つのことを集中してやっているのを見る
と、もうちょっと色んな事に手を出してみては?と思います。

かくいう私も親たちに「一朝一夕では何も身につかない」と諭され、一心不乱に同じことを
繰り返した日々もありましたが、できるだけ若いうちに「マルチタスク」の能力を上げるな
らば考え事したり、よそ見しながら授業や仕事をしてください。

並列して何かをするのは昔から行儀が悪いことだという風潮がありますが、そんなものに囚
われていてはいけません。マルチタスクによる恩恵で、複数人の話を同時に聴くことや単純
作業の効率が1.5倍〜2倍に増加するのです。まさに時は金なり


↑のURLをPCで開くと、マルチタスク能力を簡単に測ることができます。
PCに慣れている方は30〜70ぐらいが平均。

無論上記のサイトで計ったものはあくまでも目安です。
ですが、1回目より、2、3回目の方が好成績だったのではないでしょうか?つまり、脳の働き
をちょっと意識するだけで丁寧同時複数のことをやってのけるのです。

これと同じく、人混みで意識して会話を聞き取ろうと思えば実はできるものなんですよ。
スマホの画面に集中していながらも周りの景色や音に警戒できれば事故も防げます。

そういえばこの前自転車で信号待ちしてたら後ろから他の自転車に衝突されましたw
おそらくあの方はよそ見してたんでしょうね〜...ぶつかった相手が老人でなく私で良かったです。
その後平身低頭で謝罪してきて、私も忙しかったので許しましたが事故を起こす側ってほんとアレだなぁ...


※頭を使おうとしているのに容量が悪くなってしまう方に一応フォローしておくと、
時と場合を考えて行動する、いわゆるTPOは生まれつき出来る人と出来ない人がいます。
これはもうIQとは別に先天的に決まっているようなものなのでどうしようもありません...

極端な例で、障害を持っている方はその分ハンデがあるので一般の方に比べるとできないことが
多いですよね。では逆に私たちが当たり前にできることって本当にできることなんでしょうか?
毎日同じ道を通勤しているのに、たまにコケたり電柱にぶつかってしまう。そんな些細な事でも
一歩間違えていれば事故や他人の死に繋がるんですよ。油断は禁物、勝って兜の緒を締めよ、失敗する前に心がけましょう




<「マルチタスク」の弊害>
マルチタスクの訓練を数年している私がまさにそうなんですが、変に自信を持っちゃいますね。
自信を持っちゃうと油断が生じるのでどこかで痛い目に遭う。
先月MENSAという、どこぞの団体のIQテストをしてみるとIQ126だったのでちょっとテンション
上がって数学の高等問題に手を出してみましたが、ちんぷんかんぷんでした。やっぱりなw


自信は勉強の最大の弊害なんですね。日本人らしく謙虚にいきましょうか
posted by ShinGR at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

また新たな奥深いサイトが生まれちまったぜ...

Adobe After Effects というソフトを知らない人は面白くないかもしれませんが、
動画編集において使用するプラグインを紹介するブログを造りました。

こちらもただ動画をコピペするだけなので短時間で記事が作れます。
動画ってどうやってできてるのかな?っていう人は是非見てはいかがでしょうか。




記事が大量生産できそうなのでこれからが私も楽しみです。

posted by ShinGR at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

翻訳始めました

久々の更新ですが、残念ながら私のゲーム感想はまだ未完成の状態です。

TOEICを控えているのでノベルゲーの海外の反応シリーズの翻訳を始めました。
自分の感想を記事にするのは時間がかかりますが、既に書かれている文章をまとめるだけ
の作業は楽ですね。需要があるようであれば暇なときに記事を追加しようと思います。

そちらのブログでコメントなど反応をくれるとありがたいです。ほとんど日本語の記事に
なっているのでスマホでチラッと訪れてみてください。



そして、こちらのブログは相変わらず止まったままになります。
余談ですが、8月は全く更新していなかったのに昨日久々にブログを見てみると私がまとめ
た記事がかなり閲覧されていたのですが、作品の感想記事ではなくランキングなど特殊な記
事ばかり閲覧されているので複雑な気持ちになりました。


海外の掲示板などで作品の感想を見つめていると私より内容の濃いものばかりです。

その方たちの文章を参考にしたいですが最後まで「自分の言葉」で伝えることを忘れずにいたい



posted by ShinGR at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

国家試験が近い

私事なのですが、今年の下半期に国家試験を控えているのでブログを一時中断します。
その試験さえ終われば書き溜めていたゲームの感想を10か20個ほどまとめてうpする
ので長らくお待ちください。
去年の秋に『月に寄りそう乙女の作法2』の感想を今年の梅雨ぐらいに書くと宣言して
いましたが、書き溜めるのとブログに更新するのとではまた作業量が違うので間に合い
ませんでした。言い訳をするならば、どんなに作品が良くても私の感想が悪いと風評被
害をもたらすかもしれないのでただいま試行錯誤中です。

ブログを始めて既に1年が経ったこともあり、ここを批評らしいブログにしたいですね。
最初の方は未プレイの人に向けて書いていた感想がだんだんプレイ済みの人に向けての
感想になりつつあります。
プレイしてみたいけど内容がいまいちよく分からなかったり、このブログで初めて知る
作品があるときに、ネタバレばかりだと面白くないですよね。かといってあらすじを私
なりにまとめるとただの広告になってしまいますし... 




次回のブログ更新があったときは、より一層作品の魅力を伝え、感想だけでも面白いと
思わせるような工夫をいたします。それがこのブログの原点であり理想なんだった(ど忘れ

エロゲ感想雑誌があるとすれば私の記事なんてまだまだです。というか感想記事が少な
いのでまずは質より量。プレイ済みでまだ書いていない作品は50を超えているので出し
惜しみしてる場合じゃない。


では皆さん、今年中にまた会いましょう

posted by ShinGR at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

機械のバグが私の人生

私の購入した機械はどこかしら欠陥があります。
というのも、既にiPhoneの不良品を2回引き当てて、無償で新品に交換してもらいました。
前回のiPhone4Sは画面に何も映らないという致命的な不良品でした。

携帯に限らず、ゲーム機やPCも私が購入したものはどこかしら壊れている。
機械が好きなのに機械に嫌われているのでしょうかね...今のPCも最近壊れかけてきて、デ
スクトップのアイコンの位置が起動時にシャッフルされるという邪魔で仕方ない機能が搭載
されています。Windows8の中でVistaや7の機能を活用していたこともあるので普通ではあ
りえないようなバグがちらほら見えます。

ウィンドウを閉じる時に右上の×を押してもウィンドウが何時間たっても消えなかったりバグ
というのは面白いです。PCでノベルゲーを起動するときに100分の1ぐらいの確率でフリーズ
したり、警告音が鳴りやまなかったりとか。皆さんのPCはバグが起きませんか?スマホでもバ
グだらけで、私のiPhone5Sは曲が急に停止したりネットブラウザの戻るができなくなったりと、
時間のロスを招かれます。見知らぬ土地で迷ったときに地図アプリを開いて現在位置を表示する
とアプリ内で私が瞬間移動していて全く使い物になりませんw
LINEで友達の名前が皆バラバラになってしまうなど不便なことはどうして起きるのでしょう...


もしかして私の人生そのものがバグってるんじゃないか、そう思うわけですここまで頻繁だと

posted by ShinGR at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

果たして意味のある行動なのだろうか

日記というほどのものではないのですが、最近ふとした時に感じる違和感みたいなものを
明確にしようと思う。

私は現在ブログや創作活動に執心しているがそれに対する対価や功績というものが得られ
ず、「意味」というものの意味がわからなくなってきた。自分が尽くした努力は誰かのた
めになるかもしれないが、決して見返りはない。精神的に救われる部分もあるが金銭や名
誉などの高次元にある願望は全く手に入らないに等しい。



金を高次元だと表現したが、おそらくそうだと思う。例えば音楽だと楽器を揃えるために
多額の金を消費する、昔から高尚な趣味だと言われてきたぐらいだ。

音楽なんて金持ちの道楽に過ぎないとされてきたが、今はそうでもない。大量生産が可能
となり一家に一台ピアノがあってもおかしくない時代だ。だが、それでも金はかかる。
音楽制作ソフト(DTM)での編集や実際に楽器を使った録音もするなら小遣い程度の金額
では手に届くものではない。
そしてさらに制作した曲を世間に売るには、そのためにまた金を積む必要がある。

1曲数千円という金額を毎年出してその実、売り上げは元を取れるのだろうか、そして知名
度は上がるのだろうか、という問題が私に付き纏う。金を得るためだけなら時給制の仕事を
する方が確実に金が手に入るし、その稼ぎで欲しいものが買える。


...だが、私の最も欲しいものとは時間であり金ではない。なのに金を得るために一生を仕事
に捧げるなんていうのは効率が悪いし愚直である。
趣味を仕事と同一視する思考は持ち合わせていないが、創作というのはこんなにも障害がある。
いや、障害があるというよりは利益がない。誰にも作れないものや有益なものを創造するしか
素人は稼げないんだ。


企業やネットの広告のように意味を求めた創造はいかにも'仕事'って感じで金になる。それ以外
の個人的な範囲内での創作物というのは一体どのあたりから意味を持つのだろうか。少なくとも
私は金になったり目に見える変化がなければ意味を見いだせない。いくら形而上的に私にとって
価値がある作品ができたとしても大衆がそれを認めてくれなければ塵以下のものでしかない。




私の中で意味があると思う行為が他人からすればどうでもいいことだったりする。
金を得ること、名誉を得ること、親友を得ること、家族を失うことなど。
得るのも無くすのも意味があると思うが、これらすべての要素は2人以上いないと成立しないのだ。
認めてもらいたい、人間に。金を得て売買がしたい。
すべて人間1人ではできやしない。では私に意味はあるのか...




いくら考えても解決しないからこそ悩みなんだ、というオチで終わらせます。
posted by ShinGR at 07:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

近親相姦はやめておきましょう(教訓

近親相姦って言葉を目にすると、あまりよくない感じがしますよね。日本では
近親婚を認めていないので法律も合わさり、リスクのある行為となっています。

でもヨーロッパの方では近親相姦がダメだという意識があまりありません。中
世では貴族、王家がバンバン近親相姦してたのでその影響かもしれません。妻
が妹・姉なんか普通でしたからね。当然それが原因で王家一族が罰せられたり
してました。まさに禁断の恋ってやつだね。


「なぜ近親婚・近親相姦がダメなのか?」というと、
先ほどリスクがある行為と書きましたが、血が繋がった親族同士によって生ま
れる子は先天的に障害などを持つかもしれないからです。奇形の胎児が摘出さ
れる可能性が高くなるのは間違いないです。だからそんなリスクを犯してまで
親族と性行為をすると互いに嫌な思いをすることになるかもしれない...


「近親相姦が身近に感じるのはなぜか?」というと、
それはあなた、ギャルゲやエロゲのし過ぎです。妹も攻略ヒロインにいること
が普通になってきていますが、現実ではそのルートがハッピーエンドだとは限
らない。家族で愛し合ってしまって世間の目が厳しいなんてどうでもいいんで
すよ!家族で付き合うならプラトニックにお願いします。

エロゲ好きの私ですが、兄妹の性行為のシーンは非常にアブノーマルだと思う。
18禁というか法律的に作品が危うい気がする...



続きを読む
posted by ShinGR at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

声優関係のオーデションに挑戦してみます

いつか声優の仕事をするかもしれないので、今のうちに声優業に慣れておこうと思う。
今まで自分の声というものを意識したことがないのでまず第三者が私の声を聞いたらどう
感じるのかを知るためにオーディションをするのですが、滑舌や発音に自信が無い...

人気が高いアニメやゲームの声優にいきなり挑戦するとメンタルが砕かれそうです。
なのであまり名が知られていなさそうなものを狙ってみる。


そして名義なんですが、ShinGRでやるか中の人でやるかですごい悩んでいるんです
よね。もちろん声は同じ人なんだけど、オーディションって性別、年齢、顔写真を知
らせなくちゃいけないし面接で顔合わせる必要があるんですよ!
私の中の人は某実況者のように顔バレするのが嫌なので、ひとまずShinGRで活躍す
るのは難しい。

というか声をネット上に拡散するってことは性別を明かしてるってことなんじゃ...?
もしShinGRとして声のお仕事することがあったら男役と女役して誤魔化します。
一時期異性の声を出す練習をしてぴったりハマったことがあるのでもう一度それが
できれば完璧に性別を隠せるはず(多分。
世間では両声類とかいますからね、中世的な声の私ならなんとかなるでしょう。


続きを読む
posted by ShinGR at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

相手を傷つけるような口調ができない

ブログを初めてそろそろ1年が経とうとしています。長い1年だったよ本当に。

記事のテーマは相手を傷つけるような口調ができないとなっていますが、1年間このブロ
グを見てきた方はなんとなく文体で気づきませんでしたか?


安定の「です。ます。」口調は癖なのですが、ブログってネットに公開するものなので自
分のイメージを上げるのも下げるのも自由なの。テレビでは綺麗な言葉づかいをしている
人がTwitterなどでは低俗な言葉を多用していたりするんですよね。

ですがこのブログ、ShinGRというペンネームでやっているのでどんな言葉遣いをしても
私自身に何ら影響はないのです、すべてはShinGRの言葉なのですから。とはいっても
ShinGRというのは私を鏡で映したようなものなので次第に愛着がわいてきました。
最初の頃は「こういうキャラを演じよう」と意気込んでいたはずがいつの間にか私色に
染まっちゃったんだ。

テーマに返ります、過去の記事を見てもらえるとお分かりの通り汚い言葉をネットですら
書けないのです。たまに馬鹿とか書きますけど特定の人に向けてじゃないので全然汚くない。
リアルでも親しい人に馬鹿とかアホとか絶対言えません。冗談で「お前バカかよw」みたい
ことをノリでさえ言えない。優しい人だね〜と言われますが単に自分が傷つきたくないか
らなんですよ。相手が傷つくようなことを言って一番傷つくのはなぜか私。
冗談で言ったことを後になって、
(落ち込んでないかな...もしかして傷ついているんじゃないのかな...)
といつまでも心配しちゃう。

勿論相手がいなくてもです。学生時代、近くの人に誰かの悪口を言われても必ず悪口を言わ
れた相手をフォローしていました。悪口を言う人は大抵心が荒んでいるので私みたいな人と
会話すると毒気が抜けてしまってつまんないみたいだけどね。




・・・・・そう思うと私って天使なんじゃないだろうか?


世間でいう腹黒系と真逆の存在、言い換えれば清純系です。
でもなぜでしょう、私に友達はあまりいません...こんなにおしとやかなのに皆何が気に食わ
ないのだろう (@'ω'@)ネ?
続きを読む
posted by ShinGR at 16:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月04日

今更サイトを大改造

日ごろから私のブログを楽しみにしている方のことを考えると、このブログって正直客観
的に、ちょっと見にくいと思う。個性で補正できる範囲なんだけど、エロゲ感想やランキン
グのリンクバナーは手作りなので味が出すぎてるっていうか...

私としても、色々書きたい記事がたまっているので書き起こしたいところなんですがベース
となるサイトに満足できないので先に改造しちゃいます。



うまく改造できたら、ビフォーアフターのように居心地が良いんだろうなぁ...
たまっている記事を消化するためにも頑張るぜ!
Keyからエンジェルビーツが発売されたし、私も良いブログ作らなきゃね。関係ないけど
posted by ShinGR at 17:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月20日

クリエイティブサイトを設計しました

「創作意欲はあるけどそれを実現する方法が分からない...」


という方々に向け、創作に関する専門知識を詰め込んだサイトを設計しました。

詳しいことはこちらのサイトを見てください↓


※日本語サイトは別に設計する方針です

まだ公開して間もないので肝心の記事は空っぽの状態です。
これからサイトやブログの作り方から専門的な創作技術を伝授していきますので、
私の活躍に期待。


実はサイトらしいサイトというのは初めて作りました。私の設計したブログやブログっぽいものから
ゴミのようなサイトは数えるときりがありませんが、クリエイティブなサイトは初めて作ったので制
作の幅が広がりそうです。
posted by ShinGR at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

自称音楽通の上から目線が気に食わん

これから主に愚痴を語るので音楽通の人は怒らないでくださいね。

音楽って現代人のかなりの人間が趣味にしていると思うのですが、アーティストやジャンルについて
のくだらない言い争いがよく発生している。好むジャンルの違う者同士が話し合うとそのようなこと
はあまりないのですが、同じジャンルを好む者同士が顔を合わせると険悪なムードになったりします。

普通は気の合う者同士が集うとファンクラブの結成に至ったり良い効果を生むはずなんですが。問題
は自称音楽通の方々なんです。例えばロック一筋で聴いてきたからといって他人の好きなバンドの曲
がしょぼいとか言っちゃう人のことです。

私は曲に優劣をつけるのは愚かな行為だと思うのですが、音楽好きの人って自分の感性が正しいと勘
違いしている人が多いので優劣つけたがるんだよね。適当に音楽関連の個人ブログを覗いてみると記
事のコメントで批判するような言葉がすぐ見つかるので検索してみてください。
Youtubeなどの動画配信サイトなどのコメント欄を見てもらうともっと分かりやすいです。世界的に
同じジャンルのバンドで個人ランキングを作ってコメントするのが流行っているので幼稚な言い争い
が見れますよw


どうせ自分で音楽通なんて言っている人の大半は「音楽かぶれ」なので作曲家や演奏家を批判するこ
とでしか自分を表現できないんです。幼い頃に楽器を習ってたとか音響機器に詳しいとかじゃその道
一筋のプロに適うはずがない。
今の時代DTMを使えば素人でも曲を作ることができるので批判する前に自分で作ってみたらいいのに
ね?



ここまで読んでみた人の中で、「自称音楽通なんているのか?」という疑問を抱いた人もいると思う。
多分そこらへんにたくさんいますよ。イヤホンからシャカシャカ音を垂れ流している人に好きなジャ
ンルを尋ねたらきっと大半が自慢げに語りだしますよ。私が一回やってみたいことは東京駅や新宿駅
でギターのケースを背負っているバンドマンに声をかけることですね。
それにしても東京来て思ったんですがギター持っている若者多くないですか?あの人達は何か明確な
目的があってギターを背負っているのかな、もしかしてあれギターケースの形状をしたリュック...?

posted by ShinGR at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

私の知能・学力に関して

このようなブログを書いていて「私ってどう見られているのだろう」って思います。
実際偉そうな文面も多くて閲覧者から何様のつもりだと批判を受けていないのが意外なほど。


またしても自分語りをしたくなったので学生時代の学力について、そして皆さんに勉強や受
験について私がアドバイスをするという流れで記事を書きます。文字数はがっつりあるので
時間あれば見てください。



< 知能 >
 私の学力なんて誰も気になっていないかもしれませんが語らせてください。小中学校では
学力以前に、まず物心がつくのが遅かったです。
 私が小学校低学年の時、親は学校の先生から発達障害じゃないかと言われたそうです。日
語がうまく話せなかったり対話能力が著しく低かったらしく、私自身も当時周りの友達が
話している言葉の意味が分からなかったのを覚えています。

 IQテストや知能テストは一回も受けたことがないので分かりませんが、中学生の時の感想
文などを見ると文の主語述語がおかしいので人間としてやばいレベルだったのではないでしょ
うか...
 旧友に「私ってどんな感じだった?」とか聞けませんでしたが、親族達に聞いてみると口
を揃えて「あんた(お前)がずっと何を言っているのか分からなかった」と言っています。さ
すがに中学生にもなると口喧嘩や文句が達者になるはずなのに...我ながら成長遅すぎだろ。

 中学3年生のときに受験というのを意識してから真の意味での物心がついた気がします。
日本人として恥ずかしくない程度に日本語を扱えるようになったのもこの時期だったし、何
よりその頃から友達と会話するのがとても楽しくなってきました。


< 学力 >
 大学受験を意識し始めてから自分の学力について大いに悩みました。そして絶望しました。
・部活と早朝、帰宅後のランニングを除けば、高校入学時から友達とも極力遊ばずに勉強漬け。
・学校の休憩時間や手が空いている時は授業の予習・復習。
・塾や予備校に通うのは部活の時間の関係上無理だったので自分で単語帳や問題集を作り弱
 点克服に勤めました。特に英語の苦手な発音・スペルの単語があればPCを使って覚えるま
 でランダムに出題させました。記憶の忘却を予測して何カ月後に同じ単語を出題するとい
 う機能をそのフリーソフトに追加したりしていました。

 高校3年間のどの一日を振り返っても「勉強」って感じです。親、クラスの友達や部活仲
間からは「たまには休憩すればいいのに」って言われ続けましたが、高2のある時期からだ
んだん勉強が楽しくなってきて教科書だけではなく資料集などを読破するのが趣味でした。
 そして肝心の模試や全国統一テスト、大学受験の成績はというと、...........................
模試でもセンターでも平均より下でした。平均点が取れればすごく喜んでいたので悲しいと
か思いませんでしたが、やはり勉強をしている分だけ悔しかったです。得意教科が簡単な模
試でも偏差値20とか取っていたので挫折しまくりでしたよ...まぁ挫折しても勉強は好きだっ
たのでより一層頑張れました。

そして壮絶な受験を終えてみて、浪人するかしないかという葛藤もあったのですが、私の
努力を知っている人から「所詮お前はその程度の人間なんだよ」と囁かれ、あきらめました。

< 勉強のアドバイス >

ここまでの記事を見てもらって分かる通り、きっと私は馬鹿の部類に入ります。勉強してい
なくて偏差値低いならまだ救いがあるんですけどね。今だってこうしてブログを書きながら
日本語の常識単語を辞書で調べているぐらいですから。


これから勉強に関するアドバイスを書こうと思うのですが、
私みたいな奴に勉強も何も教えてもらわなくて結構。と思ってませんか?
だってこれじゃただの「勉強したけど結局駄目だった落ちこぼれのブログ」ですもんねw

皆さんが期待していた気持ちを書籍で例えれば、



みたいな最後に救われる文章を期待していたでしょう。

ですがね、私から言わせてもらえば「半年で偏差値30アップ」みたいなタイトルの本は必ず
'理由'があるので鵜呑みにしない方があなたの身のためです。

勉強してもしなくても偏差値が高い学生はまずこういった書籍を読む必要が無いと思うので
すが、こういった最後に救われる系の書籍に手を伸ばしてしまう学生はもう少し考えてね。
 私のような日本語(文章読解力)が弱い人間の場合、いくら勉強を積んでも成績が急激に伸
びるなんてことはない。「高3の夏休みから勉強始めたけど国公立余裕で受かったよ?」と
いう人もいますが、そういう人は勉強していなかっただけで元々素質があったんだと思う。
もし「勉強が嫌だから楽して受かりたい」なんて考えているなら己に才能があることを祈り
なさい。才能人というのは努力を惜しまないものだと思うので神に救いを求めるならばそう
いう姿勢を貫いてほしい。



< ブログを通して >

このブログを見てもらうと、私に対してそんなに頭が悪いというイメージがないはずです。
自分でも驚くほどブログを始める前の自分と比べて成長していると感じています。

私がブログで色んな感想などを書いているのは勉強の一環で、国語力や語彙の研磨とともに、
大衆に向けて文章を添削することにより緊張感を保っています。多趣味って言い始めたのも
何のとりえもない私に何か才能があれば、人より秀でた部分があればと思い、半ば無理やり
に意地を張ったからです。

現在はゲームでも芸術でも何でも、私に向いていることはないだろうかと純粋な気持ちで取
り組んでいます。意外だったのは勉強をがむしゃらにすることよりも、アクティブに新たな
ことを挑戦する方が難しいということです。

多趣味の人間というのは遊ぶことも学ぶことも効率よくやります。時間に追われ、常に締切
日に懊悩しているような状態が続くと毎日が充実していると錯覚し始めてくる。


私が自ら自分を苦難の道に追い込むことで才能が開花するのだと信じています。

posted by ShinGR at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
↑このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。