多趣味・哲学のサロン > 講座

2015年05月19日

ノベルゲー ゲームエンジン 一覧

ノベルゲーの作り方を理解した後に必要なのは、数々ある中からゲームエンジンを選ぶことです。

ギャルゲ、エロゲなどにも導入されているADV形式の作品を作りたいなら下の一覧のスクリプトであればどれでもOK



ライセンス料 同人・個人 無料  法人組織 1作品あたり\1,000,000円
       
導入例 
フロントウィング グリザイア3作、ジブリールシリーズ 
クロシェット   サキガケ⇒ジェネレーション!、あまつみそらに! 
ネクストン    恋姫シリーズ (BaseSon)、アマカノ (あざらしそふと) 
エックスワン   フツウノファンタジー、月あかりランチ OZ sings, The last fairy tale. 
FLAT        リベリオンズ Secret Game 2nd Stage、シークレットゲーム CODE:Revise 
枕        いきなりあなたに恋している
ういんどみる / ういんどみるOasis 春風センセーション! 祝福のカンパネラ ウィッチズガーデン 色に出でにけり わが恋は


QLIE.net プログラム組み込み依頼可能
パッケージデザイン・ロゴデザイン・パンフレット・フライヤー・展示会やイベントでの販促ツール作成も可

ライセンス料 要相談 

主な対応開発言語
Visual C++、 Visual Basic、 VBA、 ACCESS、 Perl、 PHP、 Java、 Oracle、 MySQL、 PostgreSQL

導入例
STREGA      木洩れ陽のノスタルジーカ
Navel/Lime    月に寄りそう乙女の作法、Soul Link ULTIMATE、Royal Duty/Flush!!
Ricotta       ワルキューレロマンツェ、プリンセスラバー
フロントウィング  ほしうた、ゆきうた

記事は制作中です


                          

posted by ShinGR at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

ノベルゲーを作ります!(発売予定)

遂に私自身がノベルゲーを制作することにしました。
ゲームのデータとしてはこうです、



2015年 11/12日
変更点 「発売日」: 未定
「原画・イラスト」: ShinGR
私としたことが「キャラクターデザインは決まっているのに私自身絵が描けないんだったら無理やん!」
ということにこの記事を書いた半年後に気づきました。・・・イラストの練習を始めます。
人物画なんて幼稚園の頃から書いてないので、20年近い間隔を空けてのチャレンジです。(これ無理じゃね?

もう2020年発売でいいんじゃないかな...(投げやり


ほとんど、もしかしたら全て私だけの力でなんとかしないといけないかもしれません。
壮絶にもほどがあるくらい孤独な戦いになりそうです。

実はストーリーの構成とキャラクターデザイン・登場人物の相関図はほぼできています。
商業作品のクオリティにするならプロのシナリオライター、音響監督や声優を雇うべきなんですが、そんな金は無い
のでそちらの資金を用意するか否か悩んでいます。


この作品を完成させるためには問題点が3つあります。

登場人物に男性と女性を登場させるので声優をどうするかが1つ目。
シナリオを1人で完結させてもいいのですが読み物としてボリューム的にどうかと思うのが2つ目。
広報、つまり作品として世に出すなら何かの形で販売しなくてはいけないのに私にその知識が無いことが3つ目。
付け加えるとすればゲームエンジンのスクリプトの構築の問題なんですが、これは現在勉強中。もしかしたら私だけで
なんとかなるかもしれない。

そしてそれら2つの解決策は人員によります。声優、シナリオに協力してくださる方がいれば無事解決します。
残り1つの広報ですがそれは同人作品の販売サイト(メロンブックスなど)に片っ端からメールすれば大丈夫でしょう。

<OP・ED、主題歌、挿入歌に関して >
オープニング・エンディングはやはり必要だと思うのでそちらの計画も進んでおりますが、主題歌や挿入歌という最難関
のハードルをどうしましょうかね。人間の声が必要になるのでまた声優やボーカルに仕事を依頼しなくてはならなくなる
ので意外と考えさせられます。そしてOPとEDの動画に関しては偶然3DCGソフトを持っているのでそれを利用します。

<使用ソフトに関して>
Adobe系と音楽系(DTM,DAW,シーケンサソフト)の技術はあるので必要なのは完成までのアイディアだけです。


< ※人員募集※ >
人員に関しては残念ながら私の都合で給料や俸給を与えることができません。
それでも作品のシナリオや声優に貢献してくださる方がいればShinGRの方にメールやTwitterなどで連絡してほしいです。
貢献度に応じてですが作品の売上を山分けするつもりです。報酬なんかいらないぜっていう方も是非お願いします。
※作品のクレジットや販売する際に制作陣を公表するのでそれでも構わない方に限ります
・ゲームのプロットが出来上がればそれを協力者に提供します。
・声が無い状態、又はシナリオのボリュームに問題があれば随時私の方からその手の方に依頼します。

はっきり言ってしまうと今回哲学をテーマにした作品を作るのでシナリオは誰にでも考えられます。普段感じている哲学
を文章に起こすだけのことなのです。私個人だけだと世界観がどうしても狭くなってしまうので、私とは違う考えを持つ
方に少しだけでもお話を提供してほしいのです。いくらなんでも小説1つ書けとは言いません。100文字程度の日記のよ
うなお話でも構いません。どちらかというとそんな小さなお話が物語を作っていく感じにしたい。

ストーリーを木に例えると、
どんなに枝が増えようとも真ん中の柱さえがしっかりしていればそれだけ大きな木になるということ。
このブログでも哲学をよく扱っていますが、この作品はより身近な哲学を全面に出していく。

応援お願いします!!



posted by ShinGR at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月19日

無知なTwitter利用者の犯す罪

ネットが普及したころから流行っている言葉で「ネチケット」というのは皆さんご存知だと思います。
SNSやTwitterもネット回線を通じて世界に配信するサービスなのに、ネチケットを守っていない(理解
していない)人が多い。

最近私が驚かされた行為に肖像権の侵害があります。
Twitterなどで他人を撮影し、臆することなく他者の顔を晒す行為が多くて呆れて言葉も出ない...
今や中高年でさえもTwitterのアカウントを持っている時代です。一番しっかりしなきゃいけない人が禁
忌を犯し続けているとこれからの子供たちの倫理観がどうなることかと不安を感じます。


< 写真 >
会社の集まり、祝い事などの行事の際に撮った集合写真を堂々とプロフィール画像に載せる人がいますが
あなたが写っているからといってメンバー全員の肖像権を手に入れたわけじゃありません
集合写真をネットに公開する前にメンバーの許可を取る方が何人いるのでしょうか?
まさしく"親しき仲にも礼儀あり”です。

電車でパシャパシャ写真撮るの本当にやめてほしい。私は耳が良いので超微音カメラでも聞こえちゃうか
ら後でTwitterに公開するんだろうなって予想がつきます。近くに変な格好をした人などがいたら確実。
間違えてスクリーンショットして焦っている人は見てて可愛いので是非そのままでいてください。

事故現場で主婦が集まって加害者の写真撮っている時はさすがに引きました。
「それであんたに何のメリットがあるんだよ」ってツッコむのを頑張って抑えました。皆に一刻でも速く
情報を広めたいのも分かるけど警察が事情調査していたのに業務の邪魔をしているとか思わないのだろうか。


< 情報 >
スマホやタブレットで「いつでも・どこでも」自分の近況を投稿できるって素晴らしいですよね。
気を付けてほしいのは 気楽に投稿できる=口を滑らしやすい ということです。

ブログのように長文じゃなくても気軽に投稿しやすいTwitterは自分の言葉の添削をあまりしない傾向に
ある。一日に何回もつぶやく人は明日になったら何をつぶやいたかなんて気にしなくなります。
人にもよりますがTwitterはうっかり個人情報を漏らしてしまう可能性が非常に高いです。
誰が自分のコメントを読んでいるかも分からないのに現在の住所や所属する機関を晒してしまうとかね。

仮に狭い範囲の交友関係だけでTwitterをするとしましょう。
知り合いとしか話さないと決意したとしても関係ない人に知られてしまうから実は"狭い範囲”なんて無い。
私も関係ない出会い系の方々からダイレクトメッセージが届きます。


情報に関して特に注意しなくてはならないことは自分以外の人の情報をばら撒くこと。
自分のアカウントで自分の個人情報を晒したとしてもただの自業自得なので好きにすればいいんですが、
他者の行動や情報をあまり載せない方がいい。
本人が広めてほしくない情報をネットに公開するのはもはや鬼畜の行為。
「〜で〇〇さん見た」とか、酷いやつだと何の信憑性のない嘘を広めてしまう人もいるね。
その場合つぶやいたアカウントに罪が降りかかってきます。個人に限らず店の荒唐無稽な批評も罪に問わ
れる可能性があります。



鳥の囀りのような "つぶやき”
悲鳴・叫びのような魂の "つぶやき”
相手を賞賛し称える "つぶやき”
相手を貶し批評する "つぶやき”
ひとりごとのような "つぶやき”
何でもないようで意味有り気な "つぶやき”
罪とは知らずに口から出てしまった "つぶやき"

あなたの"つぶやき”は何ですか
posted by ShinGR at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

量子論、量子力学はじめました

量子力学と聞くと「敷居が高い・初心者には向いていない」と思われがちな学問なので全く興味が
無かった。無かったんですが、
ほら、たまにあるじゃないですか。難しいことをとりあえずやってみよう的な雰囲気。

Wikipediaで「量子力学」って検索して、
「あぁーやっぱり難しいわ。とてもじゃないけど一般人には無理だわー」とか呟きながら小一時間ほど
公式を眺めていたんですよ。するとどうでしょう、だんだん面白くなってきたではありませんか!
へーそうなんだっていうよりも難しいことを公式にしようとする考えが気に入りました。

多分ですけど気になったことを調べる人よりも
一から学んで理解してやるって意気込んでいる人の方が面白くない学問だと思う。
例えば、
"シュレーディンガー描像”という1つの理論だけでも公式をいちいち理解したり検証するのは大変です。
だから完璧に理解することを楽しめるのは学者か、よほどの天才かマニアだけです。
その点趣味の範囲以内ならそういうものがあるということを知るだけで楽しめます。

さらに先ほど例に挙げたシュレーディンガー描像にしても、時間発展など馴染みのない言葉が使われていますが
量子力学は公式で求めることができるという点が良い。

i\hbar\frac{\partial{}}{\partial{}t}|\psi(t)\rangle=\hat{H}|\psi(t)\rangle 『シュレーディンガー方程式』

理論を公式で表すことができるので日常生活においても使えそう。

私の場合、これら知識を調べるというよりも理論の構築段階を眺めるだけでこれといって努力も何もしていません。
最初に視覚に入ってきた情報を自分の中で処理しようとしても知らないことばかりでちっとも面白くないけど、
あれもこれもと理論を説明するための理論や公式を細かなところまで眺めていくと、繋がりが見えてきます。

これらの学問は相互関係。



教育機関における量子力学

「僕は文系だから...」「私は理系だけど苦手...」という人に、量子力学はいかにも難しいって雰囲気を感じさせて
しまっては誰も寄り付かなくなってしまうので、
物理学・数学のうちどれかを知っていれば量子力学が分かりやすくなるというように
学問を切り離して教えるより、例えば学問同士の共通性をまとめたものを1つの基礎学問にして専門内容や応用編を
個人で選択させる自主性を重んじることが、特に数式を扱う学問を楽しく見せるコツだと思います。
posted by ShinGR at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

色々な言語に挑戦してみよう

このブログではマニアックな一部の人のために海外サイトの紹介やランキング
を作ったりしているのですが、ロシア語をいちいち翻訳ソフトで訳すのもめんどくさいので
自分で勉強しようと思う。
できれば他の言語にも挑戦してみて自分に合うかどうかを確かめてみたい。
新生活が始まるこの時期だからこそ、普段のんびりPCしてるような私が難しいことに挑戦するべきなんだ。



私が言語について意識するようになったきっかけは人との出会いを意識し始めた頃から。
街中で出会う外国人とまともに会話もできないと知ったときに、世界と自分を見つめてみると私はなんと
情けない奴なんだろうって悲観しました。
一部の外国人は日本に積極的に留学したり旅行したりと日本の言語に触れる努力をしているのに、
日本という小さな国に住んでる私がなぜロシアなどの、日本より大きな国の言語について学ばないんだろう。


これから書くことは体験談で、
私が高校生のとき英語が母語の留学生がいたんですがある日向こうから声をかけてくれたんです。
何か尋ねてくるのかと思いきや、ごく平凡な会話をしてきたんです。
そのとき私は怪我をして出血したまま登校していたんですが留学生はどうやらそれを心配してくれたようだった。
日本語で「いたい?」と聞いてきたので怪我をした経緯でも説明してあげようとしたのですがその頃は英語が
書けても話せなかったので頭をフル回転させて必死で説明することに...
普段から英語を使おうという意識が無かったためにうまく単語が浮かんでこず、形容詞や副詞が混ざった
滅茶苦茶な文法でひたすら言葉を紡ぎました。
相手は「?」という顔をしていましたが最後には「あ〜そうなの」と納得して帰っていきました。


私のどうでもいい体験談を見てもらったのはやはり社会でコミュニケーションするのに一番大切なものは
「言葉」だということです。インターネットが普及し翻訳や通訳を自動でやってくれますが、
出会い・ビジネス・緊急事態でネットに頼ることは残念ながらできない。これは断言できます。
加えてスマホアプリの通訳も滑舌が悪ければ使い物にならないし、現地の訛りを考えていない。


<言語学習のテク1>
言語学習というのは習得するまでが退屈で単語の暗記や発音などめんどくさいことだらけ。
話せても書けない、書けても話せないじゃ本当の意味で習得したと言えない。

この記事を読んでいる人は日本人ばかりだと思います。その人はまず日本語に近い言語や比較的習得しやすい
言語にまず惹かれるでしょう。ですが言語学習というのは実は国の文化や歴史を自然と学ぶもの。
となると自分の好きな国が公用語としている言語が覚えやすいです。
ラベル:日記
posted by ShinGR at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
↑このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。