2015年12月27日

物語を創作しなくては...

いつもネットで、評価が高い作品やおすすめの作品が紹介されたりランキングに浮上していて
どうしても目につきますが、ほとんどの批評者はそれを作ろうとしません。


本当にシナリオはシナリオライターに任せるべきなんでしょうか。シナリオライターが忙しく
書き書きしている間に読むだけで頭を使っていないプレイヤーは何をしているんだろう。


学生時代にクラスでいつも小説を読んでいる人がいましたが、受け身なだけではいけない。
「自分は読書家だ」と自負していながらそのお得意の読み物を作れないっておかしいと思う。

スポーツに詳しいだけではスポーツができないのとは違う、本は身体を使わなくていいのだから。

しかもAmazon Kindleなどを利用すれば万人が著書を持つことができるので、できないとは言わせない。


そもそも、なぜこのようなことを書いているかというと、私が今創作活動をしているからです。
ノベルゲーをプレイしてばかりでは自分のためにはならないと第六感が疼くんだ。



シナリオを書くのは音楽に似ている。
色んな人の作品を自分なりに改変して新たな作品にできるので、クオリティが低くていいなら
即席で大量生産できる。書こうと思うと意外と簡単なんですよね






「皆シナリオを書くことがこわい」

小説家になりたいと口に出すことを躊躇ってしまうのはそれで食っていけるかとか好きな
作品を比べてしまうからです。

ネットで叩かれるのを覚悟できないのは、ただの意気地なしだ。

この作品が良い!悪い!とネットでズバッと自分が言っているから、もしくはそれを見て
その作品が自分だったらどうしようと怖気づいてしまうんだ。だが安心してほしい、良い
悪いを決められるのはその作者かその人物と同等の著者だけなのだから。





ネットなどただの譫言でしかないのに、その浅瀬でおぼれているなんて...




この文章の意味が分かったのであれば、その方の作品はきっと成功します











posted by ShinGR at 03:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月02日

日本人にネット弁慶が多い理由が分かったかもしれない

今までの人生で他人から面と向かって罵詈雑言を受けたことがありますか?

私はありません。悪口を言われたとしても陰口程度で直接言ってもらえません。
そこで、「私に悪いところがあれば言ってほしい」と頼んでも大抵は答えてくれない...

なぜ、悪口を言うにしても直接言ってもらえないのだろうか...と日ごろから不思議に思います。


なのに、スマホやパソコンを見ると罵詈雑言の嵐!なんでだぁ!?
先週好きな絵師の作品が大勢に叩かれていたのを見て、そう感じた。

でもネットで偉そうな態度取ってる人でも現実では何も言えないんですよね〜。
やはり世間の目が怖いのでしょうか?。ネットという匿名性を孕んだ媒体でしか自分を表せない、
そんな子供じみた人間が多い、今の日本。それが誠に残念だ。


私もゲームの批評みたいなことをして優劣を決めたりしていますが、やはり良い部分は褒めます。
ですがネット上の批判というのは良い部分、素敵な部分を全然触れません。もうぜんっぜん触れない。
いくら良い部分がたくさんあっても悪い部分を見つけたら、そこを指摘して騒ぎ立てます。


思うに、嫉妬なのではないだろうか

『日本人にネット弁慶が多い理由』 私の結論は、「嫉妬」です。
批判を喰らいやすい絵やゲーム、音楽、動画などクリエイティブなものは、猛烈な批判の対象となることを
皆さんよくご存じですよね。作品、つまり芸術性と個性を持ち合わせていないと作れないものです。それら
に批判の火が降り注ぐのは単に「羨ましい」「悔しい」という感情から来るはず。

よく考えると、現実で面と向かって相手に羨ましい!悔しい!って言えないんですよね。
この考えは我ながら実に的を射止めていると思います。

嫉妬の中で最も顕著に見られるものは子供の意地です。ネットが子供に浸透しているので、批判を行う子供
も自然と増える。だけど、子供に至っては嫉妬も覚えたてですから、自分を大きく見せるために大口叩いて
しまうのも仕方ないと思う。私にもそういう時期がありましたし。

でも子供って意外とそういうことを現実でも言えるんですよね。多くの子供はネット弁慶」とは違う気がします。





好きな絵師の話をしましたが、その方はプロなので叩かれたとしても賛美の声と比較すれば批判は10%ぐら
いの割合なので、その絵師は気に病んでないと思います。絵に関して素人の私から見ても息を呑むほどに
繊細で優美な作品だったのですが、人によって感性の違いもあるため批判もある程度大事なんですかね。
posted by ShinGR at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月28日

Rewrite アニメ化おめでとう

先ほどKeyのホームページで知ったのですが、Rewriteがアニメ化ですね。



アニメ化できるのか・・・?と思っていたので、どうなるか不安です。

1期でまとめるのは難しいだろうし、リトバスのように2期、3期という風にやってしまうと
まとめるのが大変です。

オリジナルのゲームは、設定からキャラまで大好きなのでアニメも成功してほしい。
ファンディスクのRewrite Harvest festa!もアニメ化したりしてな...(予言

もしまだゲームやってないっていう人で、このアニメに興味を持ったならネタバレは見ない方が
いいです。楽しみが半減してしまうから


個人的に吉野がお気に入りです。吉野だけでOVA作っても...それはそれでいいんか?

ゲームの販促ではグッズが買えなかったので、アニメと同時にグッズが発売されるのも期待大。
ちびもすのぬいぐるみが欲しいです!! もしゅ!もしゅ! 
吉野の抱き枕・・・はいらないです。


ちなみにアニメ制作会社はANIPLEXらしい。

posted by ShinGR at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月12日

マルチタスクで勉強効率をアゲアゲ↑に上げる

皆さんお元気でしょうか?私はあまり元気ではありません(笑)


<近況報告>
今年の目標でもあった国家試験も終えました。が、終わった後も体調を崩してばかりなので
遊ぶにも遊べないと言いますか... 美容院に行く時間もなく、髪を結って誤魔化していますw


毎日が、「日曜だと思って布団でヌクヌクしてて、時計見たらMON(月曜)だった!?」
みたいな気分です。私は冷え性なので小学生の頃とか冬期の学校の日の朝が地獄でしたね〜
逆に冬の朝の布団の中ってなんであんなに気持ちが良いんでしょうか?


<勉強の進捗>

そんなことはさておき、現在私は司法試験合格を目指して頑張っております。
身ばれが怖いのであまり言いたくありませんが医学の論文を国際誌に応募しようか悩
んでいるのですが論文のジャンルって応募後も自分で決められないんですよね...


堅苦しい話かもしれませんが、「医学」にジャンル分けされると、いかにもって感じがする
けどそれが薬学とか人間社会学なんかに選定されるとなんかあれれ...と、まぁ捉え方は人そ
れぞれなんですけどね。

さらに、準マルチリンガルとして多言語学習にも励んでおります。フランス語の単語の綴り
が憶えられなくて涙目です(ノД`)・゜・。それにくらべてドイツ語の単語はなんと憶えやす
いんだ!このまま継続すれば再来年にはドイツ語がある程度読み書きできるようになってい
るはずなので、向こうの法学・医学の論文が早く読みたいです(´・ω・`)



<今回のテーマ 「マルチタスク」>

皮肉ではありませんが、学生や社会人の皆さんが1つのことを集中してやっているのを見る
と、もうちょっと色んな事に手を出してみては?と思います。

かくいう私も親たちに「一朝一夕では何も身につかない」と諭され、一心不乱に同じことを
繰り返した日々もありましたが、できるだけ若いうちに「マルチタスク」の能力を上げるな
らば考え事したり、よそ見しながら授業や仕事をしてください。

並列して何かをするのは昔から行儀が悪いことだという風潮がありますが、そんなものに囚
われていてはいけません。マルチタスクによる恩恵で、複数人の話を同時に聴くことや単純
作業の効率が1.5倍〜2倍に増加するのです。まさに時は金なり


↑のURLをPCで開くと、マルチタスク能力を簡単に測ることができます。
PCに慣れている方は30〜70ぐらいが平均。

無論上記のサイトで計ったものはあくまでも目安です。
ですが、1回目より、2、3回目の方が好成績だったのではないでしょうか?つまり、脳の働き
をちょっと意識するだけで丁寧同時複数のことをやってのけるのです。

これと同じく、人混みで意識して会話を聞き取ろうと思えば実はできるものなんですよ。
スマホの画面に集中していながらも周りの景色や音に警戒できれば事故も防げます。

そういえばこの前自転車で信号待ちしてたら後ろから他の自転車に衝突されましたw
おそらくあの方はよそ見してたんでしょうね〜...ぶつかった相手が老人でなく私で良かったです。
その後平身低頭で謝罪してきて、私も忙しかったので許しましたが事故を起こす側ってほんとアレだなぁ...


※頭を使おうとしているのに容量が悪くなってしまう方に一応フォローしておくと、
時と場合を考えて行動する、いわゆるTPOは生まれつき出来る人と出来ない人がいます。
これはもうIQとは別に先天的に決まっているようなものなのでどうしようもありません...

極端な例で、障害を持っている方はその分ハンデがあるので一般の方に比べるとできないことが
多いですよね。では逆に私たちが当たり前にできることって本当にできることなんでしょうか?
毎日同じ道を通勤しているのに、たまにコケたり電柱にぶつかってしまう。そんな些細な事でも
一歩間違えていれば事故や他人の死に繋がるんですよ。油断は禁物、勝って兜の緒を締めよ、失敗する前に心がけましょう




<「マルチタスク」の弊害>
マルチタスクの訓練を数年している私がまさにそうなんですが、変に自信を持っちゃいますね。
自信を持っちゃうと油断が生じるのでどこかで痛い目に遭う。
先月MENSAという、どこぞの団体のIQテストをしてみるとIQ126だったのでちょっとテンション
上がって数学の高等問題に手を出してみましたが、ちんぷんかんぷんでした。やっぱりなw


自信は勉強の最大の弊害なんですね。日本人らしく謙虚にいきましょうか
posted by ShinGR at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
↑このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。