2015年08月06日

機械のバグが私の人生

私の購入した機械はどこかしら欠陥があります。
というのも、既にiPhoneの不良品を2回引き当てて、無償で新品に交換してもらいました。
前回のiPhone4Sは画面に何も映らないという致命的な不良品でした。

携帯に限らず、ゲーム機やPCも私が購入したものはどこかしら壊れている。
機械が好きなのに機械に嫌われているのでしょうかね...今のPCも最近壊れかけてきて、デ
スクトップのアイコンの位置が起動時にシャッフルされるという邪魔で仕方ない機能が搭載
されています。Windows8の中でVistaや7の機能を活用していたこともあるので普通ではあ
りえないようなバグがちらほら見えます。

ウィンドウを閉じる時に右上の×を押してもウィンドウが何時間たっても消えなかったりバグ
というのは面白いです。PCでノベルゲーを起動するときに100分の1ぐらいの確率でフリーズ
したり、警告音が鳴りやまなかったりとか。皆さんのPCはバグが起きませんか?スマホでもバ
グだらけで、私のiPhone5Sは曲が急に停止したりネットブラウザの戻るができなくなったりと、
時間のロスを招かれます。見知らぬ土地で迷ったときに地図アプリを開いて現在位置を表示する
とアプリ内で私が瞬間移動していて全く使い物になりませんw
LINEで友達の名前が皆バラバラになってしまうなど不便なことはどうして起きるのでしょう...


もしかして私の人生そのものがバグってるんじゃないか、そう思うわけですここまで頻繁だと

posted by ShinGR at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月30日

果たして意味のある行動なのだろうか

日記というほどのものではないのですが、最近ふとした時に感じる違和感みたいなものを
明確にしようと思う。

私は現在ブログや創作活動に執心しているがそれに対する対価や功績というものが得られ
ず、「意味」というものの意味がわからなくなってきた。自分が尽くした努力は誰かのた
めになるかもしれないが、決して見返りはない。精神的に救われる部分もあるが金銭や名
誉などの高次元にある願望は全く手に入らないに等しい。



金を高次元だと表現したが、おそらくそうだと思う。例えば音楽だと楽器を揃えるために
多額の金を消費する、昔から高尚な趣味だと言われてきたぐらいだ。

音楽なんて金持ちの道楽に過ぎないとされてきたが、今はそうでもない。大量生産が可能
となり一家に一台ピアノがあってもおかしくない時代だ。だが、それでも金はかかる。
音楽制作ソフト(DTM)での編集や実際に楽器を使った録音もするなら小遣い程度の金額
では手に届くものではない。
そしてさらに制作した曲を世間に売るには、そのためにまた金を積む必要がある。

1曲数千円という金額を毎年出してその実、売り上げは元を取れるのだろうか、そして知名
度は上がるのだろうか、という問題が私に付き纏う。金を得るためだけなら時給制の仕事を
する方が確実に金が手に入るし、その稼ぎで欲しいものが買える。


...だが、私の最も欲しいものとは時間であり金ではない。なのに金を得るために一生を仕事
に捧げるなんていうのは効率が悪いし愚直である。
趣味を仕事と同一視する思考は持ち合わせていないが、創作というのはこんなにも障害がある。
いや、障害があるというよりは利益がない。誰にも作れないものや有益なものを創造するしか
素人は稼げないんだ。


企業やネットの広告のように意味を求めた創造はいかにも'仕事'って感じで金になる。それ以外
の個人的な範囲内での創作物というのは一体どのあたりから意味を持つのだろうか。少なくとも
私は金になったり目に見える変化がなければ意味を見いだせない。いくら形而上的に私にとって
価値がある作品ができたとしても大衆がそれを認めてくれなければ塵以下のものでしかない。




私の中で意味があると思う行為が他人からすればどうでもいいことだったりする。
金を得ること、名誉を得ること、親友を得ること、家族を失うことなど。
得るのも無くすのも意味があると思うが、これらすべての要素は2人以上いないと成立しないのだ。
認めてもらいたい、人間に。金を得て売買がしたい。
すべて人間1人ではできやしない。では私に意味はあるのか...




いくら考えても解決しないからこそ悩みなんだ、というオチで終わらせます。
posted by ShinGR at 07:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

近親相姦はやめておきましょう(教訓

近親相姦って言葉を目にすると、あまりよくない感じがしますよね。日本では
近親婚を認めていないので法律も合わさり、リスクのある行為となっています。

でもヨーロッパの方では近親相姦がダメだという意識があまりありません。中
世では貴族、王家がバンバン近親相姦してたのでその影響かもしれません。妻
が妹・姉なんか普通でしたからね。当然それが原因で王家一族が罰せられたり
してました。まさに禁断の恋ってやつだね。


「なぜ近親婚・近親相姦がダメなのか?」というと、
先ほどリスクがある行為と書きましたが、血が繋がった親族同士によって生ま
れる子は先天的に障害などを持つかもしれないからです。奇形の胎児が摘出さ
れる可能性が高くなるのは間違いないです。だからそんなリスクを犯してまで
親族と性行為をすると互いに嫌な思いをすることになるかもしれない...


「近親相姦が身近に感じるのはなぜか?」というと、
それはあなた、ギャルゲやエロゲのし過ぎです。妹も攻略ヒロインにいること
が普通になってきていますが、現実ではそのルートがハッピーエンドだとは限
らない。家族で愛し合ってしまって世間の目が厳しいなんてどうでもいいんで
すよ!家族で付き合うならプラトニックにお願いします。

エロゲ好きの私ですが、兄妹の性行為のシーンは非常にアブノーマルだと思う。
18禁というか法律的に作品が危うい気がする...



続きを読む
posted by ShinGR at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

声優関係のオーデションに挑戦してみます

いつか声優の仕事をするかもしれないので、今のうちに声優業に慣れておこうと思う。
今まで自分の声というものを意識したことがないのでまず第三者が私の声を聞いたらどう
感じるのかを知るためにオーディションをするのですが、滑舌や発音に自信が無い...

人気が高いアニメやゲームの声優にいきなり挑戦するとメンタルが砕かれそうです。
なのであまり名が知られていなさそうなものを狙ってみる。


そして名義なんですが、ShinGRでやるか中の人でやるかですごい悩んでいるんです
よね。もちろん声は同じ人なんだけど、オーディションって性別、年齢、顔写真を知
らせなくちゃいけないし面接で顔合わせる必要があるんですよ!
私の中の人は某実況者のように顔バレするのが嫌なので、ひとまずShinGRで活躍す
るのは難しい。

というか声をネット上に拡散するってことは性別を明かしてるってことなんじゃ...?
もしShinGRとして声のお仕事することがあったら男役と女役して誤魔化します。
一時期異性の声を出す練習をしてぴったりハマったことがあるのでもう一度それが
できれば完璧に性別を隠せるはず(多分。
世間では両声類とかいますからね、中世的な声の私ならなんとかなるでしょう。


続きを読む
posted by ShinGR at 03:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
↑このページの先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。